読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOOGZONW

ふと思い立ったことをまとめたら記事にあげるブログ

MENU

作りたてのブログですが、Amazonアソシエイトの審査に通りました!

オンラインサービス活用

審査に関して、何かと話題になることのあるAmazonアソシエイト。Googleアドセンスとは違い、新しくサイトを立ち上げた際には、その新しいサイトを審査してもらう必要があります。審査には、Amazonアソシエイトのサイトから「お問い合わせ」フォームを使って行います。サイト追加の専用ページなどはなく、ちょっとアナログな感じです。

f:id:katamichinijikan:20170228132617j:plain

 

 

申請の準備

まずは、申請の準備を行います。

サイトを立ち上げ、元々準備していた記事が8つありましたので投稿しました。その後、ふと思いついたiCouldからGoogleフォトへの移行の記事を書き、9記事。果たしてどれくらい準備が必要なのか?まったく見当がつかず、20記事くらいは用意した方が良いのか?でも記事を書くのに、Amazonの商品写真を使いたいケースが多発。

 

ダメ元で9記事あげただけの状態で申請してみました。

 

数時間で審査完了

審査で断られたらちょっとショックだなぁと心配しつつ、朝に申請しました。その後、無味無臭なテーマを変えたり、デザインをいじくったり。全くセンスがないのですが、偶然選んだテーマと色(黄色~黄土色)あたりがうまいことしっくり来たので一旦これで決定、完了とします。

 

cssをいじくり始めていると、昼にはAmazonから返答メールがありました。たぶん3時間はかかっていません。

 

結果は・・・・。

f:id:katamichinijikan:20170228132335j:plain

通りました(^o^)

 

Amazonアソシエイトの審査基準

全文はこちら:アソシエイト・セントラル - Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

「不適切なサイト」として審査を通らないケースについて以下抜粋。

(a) 性的に露骨な内容を奨励または含むサイト。

(b) 暴力を奨励するまたは暴力的内容を含むサイト。

(c) 誹謗中傷を奨励するまたは誹謗中傷的な内容を含むサイト。

(d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励する または差別的慣行を用いているサイト。

(e) 違法行為を奨励または実行するサイト。

(f) 甲またはその関連会社の商標や、甲またはその関連会社の商標の変形またはスペル違いをドメイン名、サブドメイン名またはソーシャルネットワークサイトのユーザー名、グループ名その他のアカウント名に含むサイト(例については、商標ガイドラインをご確認ください。)。

(g) その他知的財産権を侵害するサイト。

(h) 上記のほか、甲が本プログラムに適切でないと判断するサイト。

 これに該当するケースはなかなかないはずだ。そのために、Googleで「Amazon アソシエイト 審査」などと調べると審査が通らず苦しんでいる人たちをたくさん見かける。

 

Amazonアソシエイトの裏の審査基準

裏というと少しおかしいが、規約にある以外の審査基準のことだ。もちろん公表されているわけではないが、過去のたくさんの事例から色々な人が推測をしている。

 

例えばこちら。

computer-technology.hateblo.jp

www.minamisouju.com

 

立ち上げたばかりのサイトでなぜ審査が通ったか?

審査に苦しむ人が多い中、なぜかあっさり審査に通ってしまったわけだが、色々な人が審査に苦しんだ結果を見ていけば見ていくほど、なぜ審査に通ったのかわからない。何かポイントになったのかがわからないから、前提条件や審査までの流れをすべて書き記したい。(と、いっても上述の通り大して何もしていない)

 

  1. はてなブログでブログを作成する
  2. ブログ名はgoogzon.hatenablog.com、ブログ名はGOOGZONW、ブログの説明は車やネットのあれこれご紹介。たまにDIYや趣味のこと。と設定。
  3. 続けてGoogleアナリティクスのトラッキングIDを設定し、ブログの概要とブログのキーワードに関連しそうないくつかの単語をカンマ区切りで設定。
  4. テーマをデフォルトから変更。デザインは特にいじらず。
  5. 事前に書き溜めていた記事を8つ投稿。後に1記事追加して、計9記事。
  6. Amazonアソシエイト申請

 

もう、審査に通りそうな要素がまったくありません(^^;

記事も、まだ書き慣れておらず出来が良いとはいえないはずです。関係があるかどうか怪しいAmazonアカウントの購入歴やメールアドレスについては以下の通り。

 

メールアドレス:GMAIL

Amazonアカウントについて

 会員種別:Amazonプライム

 登録時期:かなり前。感覚的には10年くらいだが、購入履歴は2010年から。

 購入履歴:2010年から年間100件ほど。割とまとめて頼むことが多く、万単位の注文も多いので、年間50万~100万くらいだと思われる。大型家電とかも買っちゃう。

 

 

うーん、こうしてみると、Amazonへの貢いだ額のせいか?なんて考えちゃいます(^^; 購入履歴が大事、なんて一番信じられない審査ポイント(裏)なわけですが、僕が審査に通る理由なんてそれくらいしか見当たりません。

 

なにはともあれ、無事審査に通りましたから、より一層良い記事を書けるように頑張りたいです。