読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOOGZONW

ふと思い立ったことをまとめたら記事にあげるブログ

MENU

手の水疱は一生なおらないよ

手にできる水疱に悩まされて数年。最近はようやく開き直り始めて、ある意味気楽なものだ。手の水疱ができている人でも、できたことがない人でも、見れば気持ち悪いだろうから写真は載せない。

f:id:katamichinijikan:20170228093915j:plain

 

 

初期の症状

最初は、手(特に指の腹)の皮膚が薄くなり始めたように記憶している。

本来は指紋が見える指の腹ですが、指紋が薄れてしわができるようになり始めた。しわというのは、まるでプールの後の指のような状態だ。また、触感もどことなく柔らかく繊細で、力仕事などをすれば簡単に裂けてしまいそうな印象だったし、実際に簡単に傷ができるようになった。この時は、過去に皮膚の悩みを持ったこともなかったことから、何も気にせず水仕事や趣味に取り組んでいたし、ハンドクリームなど、使ったこともなかった。

 

悪化する

さて、初期の段階では特に不便を感じることもなく過ごしていた。しかし、その後しばらくして(たぶん1年くらい)指にかゆみを感じるようになる。そして、細かな時期まで覚えていないが、大体同時期くらいから指の皮が破れ、剥け始めた。

 

皮が剥ける過程は、まず小さな丸い穴が皮にあき、しばらくするとそこから剥がれ始める。大抵は指の腹だが、指の横だったりすることもあった。

最初は剥がれる分だけ新しい皮膚が出てくるだけだったが、段々とそれが追い付かなくなり、非常に弱い若い皮膚が表出している状態が続いた。気を抜いて力仕事などをしてしまうと、その皮膚が傷ついて血がでてくる始末。

 

流石にまずいと、病院を受診。

確か、カビの有無を確認し、カビがないことがわかるとステロイド系の塗り薬を処方されたと記憶している。同じ悩みを持ったことがある人はわかると思うが、皮膚科としてはお決まりの処方だ。原因がわからないから、とりあえずステロイド系の塗り薬が処方されるパターン。

 

確かにかゆみには少々の効果があったように思うが、皮が剥がれる症状にはまったく効き目がなかった。それもそのはず、原因不明なんだから。その後も通院は続けたものの、ステロイド系の薬が処方されるばかりで、何も解決に向かわなかった。

 

 

病院を転々とする

一向に解決策が見いだされないことに業を煮やして、病院を転々とし始める。

とはいえ、一定期間は通わないと善し悪しがわからないため、転々とした数は両手で数えられる程度の数だったと思う。

 

何か悪いものに触れているのか?力仕事やタイピングなど、指への刺激が悪いのか?アレルギーの類なのか?ストレスなのか?

 

こういった疑わしい要因は示してくれるものの、結局原因はわからず、解決策も見いだされず、ステロイド系の薬が処方されるばかり。病院によっては手を保護するハンドクリームのようなものを処方してくれるところもあった。病名もいくつか医者の口から出てきたことがあったが、断定にはいたらず、対策もなし。

 

大抵、原因はわからず、「たぶんストレスのせいですかねぇ」という結論で、何も効果的な治療や解決への糸口は得られなかった。

 

水疱

病院を転々としている中で、段々と症状は悪化し、ついに水疱がお目見えし始めた。

 

それまでも水疱はあったのだろうが、気づけていなかった。

指の皮膚に穴があく最初のきっかけは、水疱がはじけるためだったということにそこで初めて気がついた。

 

よくよく眺めると、皮膚の奥底で水疱ができ、それがだんだんと表出してくる。指で触ってわかるくらいに水疱が表出すると、数日ではじけて皮膚に穴ができる。水疱は1つだけできることもあれば、大量にまとまって発生することもある。大量の水疱は、表出してくるにしたがって大きなひとつの水疱になる。

 

気持ち悪い。

 

インターネットに解決策を求めたこともあった。

こまめなケア、ビタミン剤、ラップを使った保湿など。どれだけ独自の対策をとったかはわからない。とにかく気持ち悪くて、ストレスだった。もちろん、市販薬も手あたり次第試した。

 

 

そのうち、ストレスのためか慢性的なじんましんが表れ始める。

 

じんましん?ストレス?

じんましんにはあれこれ原因と対策があるようだが、この時の僕はとにかく皮膚科医をまったくあてにしていなかった。原因はストレスだろうと決めつけ、手あたり次第市販薬を試し始めた。

 

すると案外あっさりと効果がある薬が見つかる。第一三共のアレルギール錠という薬だ。これを飲んでいる間はじんましんとは無縁で、すっかり夢中。飲むのをやめればすぐにじんましんが出る。ネットショップで何ダースもまとめ買いし、ずーっと飲んでいた。

この時すでに、水疱が目立ち始めてから1~2年ほど経過していたはずだ。手の異常を感じ、手に触れるものや手を使う作業に過敏になってから3年くらい経過していたと思う。

 

水疱は相変わらずだが、皮が血が出るまで剥けまくる状態からはいつの間にか脱しており、とにかくステロイドを塗ってアレルギール錠を飲んで、かゆみを抑えて何も気にしない戦法を取り始た。要するに諦めた。

万が一、ストレスが原因だとすれば、気にしたら悪い方に向かうだけだと考えていたからでもある。

 

 

通院再開、ようやく効果的な治療方法がでてきた!

さて、アレルギール錠を飲み続けて1年以上。

試しにアレルギール錠をやめると、じんましんはいつの間にか治っていたようだ。じんましんが出ることはなくなった。

 

指はというと、相変わらずの水疱がある。

かゆみはそこまでないが、水疱→皮膚が剥けるを繰り返すことで、皮膚が弱い状態が続いていた。家事やちょっとした力仕事でも、運が悪ければ出血したり痛くなってしまう状態。傷口から菌か何かが入り込み、酷い痛みで抗生剤を処方される羽目になったこともあった。

 

なんとなく気持ち的にはあきらめていたのだが、試しに病院に行ってみるかと地元の駅前の皮膚科に通い始めた。すると、ここの先生がなんとなく頼れる感じ。

今までの皮膚科ではなかった、色々な原因を考えてくれる。

結局は根本的な原因はわからなかったが、ストレスと決めつけてあきらめず、一緒に悩んでくれる姿勢はとてもうれしいもの。また、いくつかの新しい対策も示してくれた。

 

対策1:亜鉛華(ボチシート)

対策のひとつめ。まずは亜鉛華という軟膏。

これは炎症を抑え、皮膚が回復しやすい環境を作ってくれる軟膏で、ねっとり硬いクリーム状だ。これを厚く塗り、上からリント布とガーゼ等で巻き付けてテープで固定する。強烈にねとねとです。ボチシートという、最初から布に亜鉛華がついたものもある。

落とすには油が必要で、オリーブオイルも処方されるのが少し面白い。

できるだけ長い間巻いておくことが望ましいようだが、昼間は仕事をしているため、夜寝る間だけは必ず巻くようにした。

 

これは原因の解決にはならないが、皮膚を回復させるという意味では効果的で、皮が剥けるスピードを上回って皮膚が回復して、皮膚が割と良い状態を維持できるようになった。これを続けており、かつ水仕事や力仕事も避けている限りは、指を良い状態に保ってくれる。

 

しかし、原因は解決していないわけだから、水疱はできるし皮膚も剥ける。

そして夜これを指に巻き付け、朝オリーブオイルで洗い落とす作業は大変面倒くさい。

気を抜いてさぼるとすぐに指がだめになる。

 

対策2:紫外線治療

次に登場した対策は、紫外線治療。

こちらはいまだに半信半疑なのだが、その名の通り紫外線をあてる。この機器をおいている病院があまり多くなく、近所では受けられないのが残念なところ。所要時間は1分くらい。

なんとなく効いている感があり、プラシーボ効果でも出ればいいやと思って続けていた。ただ、毎週通うのがとても億劫だし、紫外線治療器をおいている病院は少ない。都内ならたくさんあるけど。

そこで、こうした市販の紫外線治療器の購入を真剣に検討したことがある。

 結局、病院と同等の効果が得られる保証もないし買わなかったけど。

 

この2つの治療を、かれこれ2年ほど続けた気がする。

結果から言うと、水疱は治らなかった。

 

 

水疱は治らないよ

さて、亜鉛華と紫外線の治療を続けてたぶん2年くらい。3年くらいかも。

指の状態は割とよくなった。亜鉛華はその面倒くささから段々とやらなくなり、紫外線治療も通院が面倒でさぼりがちに、そして最後は自然と通院をやめてしまった。

 

指は、相変わらず水疱ができる。

しかし、破れて皮膚が剥けることはまれで、水疱ができては引っ込んでいってくれる。爪の中に水疱ができると爪が剥がれて痛むが、かゆみもあまりない。

 

 

もうどうしようもないし、おそらく原因なんてなくて、本当にストレスかなにかよくわからないものなんだろうと、完全に諦めることにした。ただ、あきらめて良い程度まで回復はしたということだ。

 

正直、どの治療に効果があったのかわからない。

時間とともに自然と良くなったような気もしなくもない。

 

 

ただ、その後おなじ症状を持った人に何人か出会い、その多くは(というか100%だけど)、精神的な何かしらの問題を抱えていた。僕は健康なつもりだが、どうにもこうにも解決しない体?心?の問題があって病院を色々回った結果、パニック障害と診断されたことがある。

細かくは書かないが、普通の人が何も感じないことに強烈な不快感を感じて、ストレスを感じて、具合が悪くなったりする。倒れるくらい。客観的に見ても、生きづらくて、ストレスが多いとは自覚するようになり、そうしたことをしっかりと拒否したり避けるようになった。

 

 

原因はストレスでいいんじゃない

きっと、自覚の有無は関係なく、ストレスが多い人が発症するんだと思う。

皮膚の問題ということもあり、ストレスが多い人がさらに皮膚に負担をかけると特に発症しやすいんだと勝手に考えている。

 

ただ、あんまり原因を考えても仕方がないことだ。

病院をいくつ回っても、色々試しても治らないのであれば、きっと原因の特定も困難だし、解決も困難だ。生活に差し支えが出るレベルの問題は、良い病院を見つけて治すと良い。僕は亜鉛華がきいた。

 

でも、根本的な解消は難しいだろうから、適度に皮膚に気を付けながら、皮膚のケアを忘れずに過ごせば良いと思う。

 

僕が今している対策はこんな感じだ。

  • 料理や食器洗いではゴム手袋やビニール手袋を必ず使う
  • 洗濯物など、手に摩擦や接触がある作業では手袋を必ず使う
    →家事は白い布の手袋、力仕事は軍手を使用
     僕は布や紙に触れると特に指に刺激を感じます。
  • 手のケアをかかさない
    →気が付けば何度でもハンドクリームやワセリンをつける。
     家事の前後にも必ず。

今となってはこの程度のケアしかしていない。過敏になりすぎるのも良くないと学んだ。普通の人からすれば面倒かもしれないが、最早日常になってしまい、特に面倒だとは感じていない。 

仕事中はPCを使うが素手だし、外出しても素手。車の運転も素手。たまには釣りをしたり車の整備もする。

 

僕としては全く不便とは思わない。

人それぞれ、こうやってうまく日常生活と折り合いをつけていくのが良いと思う。ストレスを感じない範囲で皮膚をケアして、趣味も生活も楽しむことが肝要だと思う。

もしかしたら、こうした決まったパターンさえ守れば手は大丈夫なんだ!という思い込みも大事なのかもしれない。

 

 

気にならなくなれば、治ったも同然だ。