読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOOGZONW

ふと思い立ったことをまとめたら記事にあげるブログ

MENU

iCouldが写真でいっぱい!そんな時に使える代替サービスは?

オンラインサービス活用

iPhone上の写真を自動バックアップ

iPhoneユーザーにはおなじみとなったiCould。様々な機能がありますが、その中のひとつに写真の自動バックアップ機能(iCouldフォトライブラリ)があります。撮った写真を、いつの間にか勝手にiCould上にバックアップしてくれますので、iPhone本体のストレージ使用量を減らすこともできますし、iPhoneが壊れても、他の端末や次の端末からいつでも写真を閲覧することができます。

 

そんな便利なサービスですが、iCouldに保存できるファイルの総容量は5GBに制限されています。もちろんお金を払うことで拡張することもできますが、世の中には制限なく使えるクラウドストレージがあるのに、iCouldの容量のためにお金を払うのはもったいないです。僕はこの対策に、「Googleフォト」を選択してみました。

 

 

 

Googleフォトとは

Googleフォトは、Googleが提供するクラウドストレージサービスで、写真に特化したものです。同じGoogleが提供するクラウドストレージサービスに「Googleドライブ」がありますが、GoogleフォトはGoogleドライブのファイル領域を使います。とはいえ、なんと写真の保管制限はありません。正確には、1600万画素以内の写真であれば、制限はかかりません。また、動画も1080p以内の動画には制限はかかりません。現行のiPhoneでは、1600万画素の写真は撮れませんから、事実上制限はありません。また、この制限を超えている写真であっても、自動的にこの制限内に変換してアップロードしてくれる設定もあります。

GoogleフォトをiPhoneにインストールすることで、iCouldと同じようにiPhoneで撮った写真を自動的にバックアップし、クラウド上に保管することができます。もちろん他の端末から閲覧することもできます。

 

Googleフォトへ移行する

iCouldフォトライブラリからGoogleフォトへの移行手順を紹介します。

1.Googleフォトをインストールする

AppStoreからGoogleフォトをインストールします。もちろん利用は無料です。※Googleアカウントをお持ちでない方は、Googleアカウントの取得が必要です!

 

2.完了! 

Googleフォトの導入はこれにて完了ですが、もう少し詳しく見ていきます。

3.Googleフォトの設定を確認する。

Googleフォトを開くと、簡単なチュートリアルが流れた後、すぐに使い始めることが出来ます。画面下には「アシスタント」「フォト」「アルバム」の3つのメニューがあります。

アシスタント」は、コラージュ写真やムービーを作るためのボタンがあったり、使い方に関するアドバイスが掲載されています。バックアップ状況もここからご確認いただくこともできます。

フォト」は、基本となる機能で、iPhone上の写真とGoogleフォト上の写真のすべてが表示されます。(バックアップが完了していないものにはマークが付く)

アルバム」は、複数の写真を一纏めにしたもののことで、名前の通りです。あるいはフォルダと呼び変えても良いです。

 

さて、設定を変更するには、画面左上のメニューボタンをタップし、「設定」を選択します。

 

設定メニューから、「バックアップと同期」を選択します。

 

f:id:katamichinijikan:20170227181048p:plain

バックアップと同期」をONにすることで、自動バックアップが機能しはじめます。標準でONになっているはずです。

アップロードサイズ」が、こだわりがなければ「高画質」を選択しましょう。解像度が大きすぎる写真などは自動的に調整してアップロードしてくれる機能です。調整後も、

バックアップのタイミング」で、WiFi接続時のみバックアップをとるかどうかを選択できます。基本的にはWiFi接続時のみバックアップするよう、両方をOFFにしておくのが望ましいでしょう。

 

設定メニューに戻り、「端末の空き容量の確保」を選択します。

空き容量を増やす」ボタンをタップすると、自動的にバックアップ済みの写真をiPhone上から削除します。つまり、Googleフォト上では写真を確認できますが、iPhoneの標準アプリである「写真」からは消えてしまいます。

また、完全に削除するには「写真」アプリのゴミ箱から手動で削除する必要があります。

 

設定メニューに戻ります。

フェイスグルーピング」をONにすると、顔認識機能により、自動的に人ごとのアルバムを作成し、「アルバム」内の「人物」からその人だけの写真を見ることができます。友人や家族の写真ばかり、という人にはおすすめの機能です。

 

Googleドライブ」をONにすると、Googleドライブに保存されている写真(Googleフォトでバックアップしたもの以外」も、Googleフォトアプリ上に表示されます。元々Googleドライブを利用して、写真を保管していた人には有効な機能ですが、膨大な写真を保管しており、見たい時にだけ見られれば良いという場合にはOFFにして、Googleドライブの写真はGoogleドライブアプリから閲覧した方が良いでしょう。

 

リンクで共有するファイルの位置情報を削除」をONにすると、写真を共有した時に、写真の位置情報を削除してくれます。家族や友人に共有する場合には構いませんが、SNSなどで不特定多数に共有する場合にはONにしておくと、位置情報を知られずに安心です。

4.写真をiCouldからGoogleフォトへ移動する

iCould上の写真をすべてダウンロードし、Googleフォトへアップロードします。これは、パソコンでの作業が望ましいです。手順は、わかる方も大半だと思われますが、長くなってしまうため、外部へのリンクで失礼します。

 

まずはiCouldの写真をすべてダウンロードする手順がこちら

himako.net

 

続いて、ダウンロードした写真をGoogleフォトにアップロードする方法がこちら

enjoypclife.net

 

5.iCouldへのバックアップを停止する

ここまで準備ができれば、あとはiCouldへのバックアップを停止するだけです。

iPhoneの「設定」アプリから「iCould」>「写真」の順でタップし、すべての項目をOFFにします。

 

f:id:katamichinijikan:20170227181117p:plain

以上で設定は完了です。

今後、iPhoneで撮影した写真はすべてGoogleフォトへとバックアップされます。

 

iPhoneのストレージがいっぱいになった!

そんな時は「Googleフォト」アプリを開き、左上のメニューボタンをタップします。「設定」>「端末の空き容量の管理」を開き、「空き容量を増やす」ボタンをタップします。

これで、Googleフォトにバックアップ済みの写真がすべて削除されます。

 

続いて、「写真」アプリを開き、「アルバム」メニューから「最近削除した項目」を選択します。右上の「選択」をタップし、左下の「すべて削除」をタップします。

 

以上の手順で、Googleフォトにバックアップした写真を、iPhone上からすべて削除することができます。

 

 

唯一の弱点

こんな素晴らしいサービスであるGoogleフォトですが、どうしてもiCouldには劣る弱点がありますが。それは、バックグラウンドでバックアップしてくれないという点です。

本来はバックアップしてくれる仕様だと思うのですが、どうにも私の環境では、あえてGoogleフォトを起動させてやらないとバックアップが始まりません。

 

こんな弱点がありますが、無制限でバックアップができるGoogleフォトが素晴らしいことに変わりありませんね!